08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
スポンサーサイト
--.--.--.-- / Comment:× / trackback:× / スポンサー広告
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ご購入の前に(必ずお読みください)
24.08.2009.Mon / comment:0 / trackback:0 / ご購入の前に(必ずお読みください)
 
市販石鹸について

石鹸は、基本的に「油脂」+「水」+「アルカリ」の化学反応で出来るものです。石鹸成分とともに副産物として保湿成分である「グリセリン」も出来ます。

多くの場合、市販の石鹸の製造方法は「釜炊き」等の「ホットプロセス」製法で、原料となる油脂を加熱することで早く化学反応が進んで鹸化(けんか=石鹸化)するので短時間で製品に出来ます。
また、製造時の副産物として出来る保湿成分の「グリセリン」は取り除かれて、別な商品として販売されているようです。


きらりん無添加手作り石鹸の製造方法・材料など

コールドプロセス製法

きらりん無添加手作り石鹸の製造方法は、油脂を加熱して短時間で強制的に鹸化させる「釜炊き」等の「ホットプロセス」製法ではなく、化学反応時に自然に生じる熱でゆっくりと鹸化・乾燥させる「コールドプロセス」製法による手作り石鹸であるため、天候・気温・湿度などにより差はありますが手作り石鹸が使用出来るまでには最低4~6週間ほどの製造期間を必要とします。

優しい使い心地を実感して頂けるよう、手作り石鹸製造時の副産物として出来る保湿成分の「グリセリン」もそのまま石鹸素地の中に残して固めています。

手間と時間を惜しみなくかけた手作り石鹸ですので大量生産出来ません。


成分表示について

手作り石鹸の材料欄には、手作り石鹸の製造で使用した成分は全て表示しており、その他の材料は使用しておりません。合成保存料、合成界面活性剤などの合成添加物も不使用です。

合成添加物はもちろん、廃油や牛脂も一切使用しておりません。
世界中から集められたリッチでフレッシュなベジタブルオイルが主原料です。

油脂を石鹸にするために使用する苛性ソーダ以外の化学的な原料は無添加で、保存料や防腐剤等が入っておりませんので、お客様のお手元に到着後は手作り石鹸を包装紙から出して通気性の良い乾燥した冷暗所で保管し、製造後1年以内にお使い下さいますようお願い致します。(デリケートなオイル等の場合は使用期限が短いものもございます。使用期限は、商品説明に記載されております)。

そして、保湿成分の「グリセリン」を取り除くことなく石鹸素地の中に残しておりますので、手作り石鹸を使った後の方が水分を引き付けているような感覚も体験されるのではないでしょうか。


香料について

手作り石鹸の香りはドライハーブや天然成分のエッセンシャルオイルを使用しております。ただし、天然成分であっても体質や体調によっては合わない場合もございます。アレルギー体質の方や乳幼児、妊娠中の方は無香料のものをお勧め致します。また、天然香料ですので徐々に香りは薄れていきます。乾燥剤と共に密封容器などに入れて冷暗所で保存されると長持ちしやすいようです。

無香料の手作り石鹸には、多少原材料のほのかな匂いが残ります。


色について

手作り石鹸の色は、オイルの種類や石鹸素地に入れるハーブ等による天然の色です。無添加手作り石鹸ですので合成着色料等は使用していません。


熟成工程

天候・気温・湿度などの自然まかせの手作り石鹸製造工程は、チーズやワインの製造に似ているのではないでしょうか?「時間」が経過するに従ってゆっくりと熟成を続けています。お客様のお手元に届いた後の保管の間にも、更に乾燥が進み泡立ちの良いよりマイルドな使用感の手作り石鹸に「進化」していき、水分が飛ぶことにより硬く溶け崩れがより少ない手作り石鹸になります。


きらりん無添加手作り石鹸についてのご注意

雑貨扱い

きらりん無添加手作り石鹸は「雑貨(台所用石鹸)」として販売させて頂いております。薬事法による「化粧石鹸」、「浴用石鹸」としての販売ではございません。

薬事法の許認可を受けるためには、工場・営業所・様々な管理体制・薬学知識を持つ製造責任者の常駐等が義務付けられております。基準をクリアするためのコストを上乗せした価格設定となることや、設備投資・維持管理費の負担が伴う事から、少量販売の一個人で薬事法許認可を取得した製造・販売は事実上困難な状況であるためです。

きらりん無添加手作り石鹸は、これまでにお分けした方々も髪や全身に使用しておりますが、薬事法の許認可を受けていない石鹸は、「石鹸の用途」の分類上では「雑貨(台所用石鹸)」であるため、薬事法の規制上、石鹸の用途として「化粧石鹸」、「浴用石鹸」と商品に表示することが出来ません。

このため、「雑貨」扱いの石鹸となりますので品名には「台所用石鹸」と表示させて頂いております。「化粧石鹸」、「浴用石鹸」として御使用になる場合には、自己判断・自己責任となります。
以上、法的な理由について御理解頂きますようお願い申し上げます。


手作り石鹸取り扱い上の御注意

合成物質は無添加で天然素材を使用しておりますが、体調や体質によっては刺激やアレルギーとなる場合もございます。初めて御使用になる場合は必ずパッチテストを行い、お肌に合わなかった場合は直ちに御使用を止め、専門医に御相談下さい。特にアレルギー体質の方は、商品毎に表示されている原材料を必ず御確認下さい。商品によるトラブルが生じた場合は一切責任を負いかねますので個人責任において御使用下さい。


大きさ・重量

石鹸の重さは、手作業ですので同一商品であっても個々に多少の誤差が出てしまいます。また、熟成や保管中に水分が蒸発することにより減る事もあります。完全手作業による自然な製造でありますのでご理解願います。

また、手作り石鹸は一つ一つ表情が違います。画像の物と実際の物とは色形柄と全て一致と言う訳ではございません。また、画像撮影は型出し直後の物もございますので、熟成や時間経過により天然色に違いが見られる場合がございます。御使用になるPC環境などにより色に違いが出る場合もございます。


手作り石鹸の御使用方法

使用・保管方法

手作り石鹸は、水分を引き寄せる性質を持つグリセリンがたっぷり入っていますので、とても軟らかくなりやすい特徴をもっています。

使用前の保管には光が当たらず極力乾燥した涼しい場所に置き、使いかけの石鹸が溶け崩れるのを極力防ぎ長持ちさせるためには、ソープディッシュの水気をよく切り、直射日光が当たらない風通しの良い窓際などの、乾燥した水がかからない所に置く事をお勧めします。


泡立ちについて

手作り石鹸の原材料が、オリーブオイルやマカダミアナッツオイル100%の場合などは、あまり泡立ちはよくありません。手作り石鹸の使い方のコツとしては、手のひらに少しずつ水を加えながら泡立てたり、市販の泡立てネットをお使いになると泡立ちやすいようです。

また、合成界面活性剤が入っていないため酸やカルシウムが入っている水では泡立ちません。

kounyuu
スポンサーサイト
 
Theme:手作り石けん&手作りコスメ / Genre:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。